コースの特色

■ 主に英語の基礎力(英検®2級程度)を持つ中学3年生、高校1年生を対象とします。

■ 体系的な文法知識をひととおり完成させ、高校中級・上級程度の語彙・英語構文の知識を増やし、実際に使える形になるまでインプットからアウトプットへの訓練をしていきます。授業の約半分は日本語母語講師が文法解説と演習を行い、年間を通して、知識としての文法・英語構文を文脈の中で使いこなせるレベルまで鍛え上げていきます。英語母語講師の授業ではCLIL教材、特に社会や科学分野のビデオやテキストを題材にディスカッションを行います。

■ アカデミック・ライティングの基礎を固め、200語から250語程度のパラグラフを作成する練習を繰り返し、最終学期にはスピーチ・プレゼンテーションも行います。さらにJ PREP Vocabulary(覚えるべき単語)より約4000 語の語彙に関して、読み・書き・発話に使えるまでの習熟が課されています。

■ 授業で英検®対策は行いませんが、修了時に準1級相当の実力に到達することを目標とします。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。(火曜日スタート、振替出席は届け出制)
講師 日本語母語講師と、英語母語講師がチーム・ティーチングで指導します。
授業内容 文法演習・解説、小テスト、CLIL、作文演習
宿題 ①文法課題 ②読解演習 ③音声課題 ④作文演習 ※授業外に週4時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。
接続コース ES360、ES450

※受講を希望する場合、レベル認定テストの受験が必要です。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

担当講師から

木水 康介 Kosuke Kimizu

東京都立大学人文学部ドイツ語専攻卒業

 ES350は、これまでに学んできた知識をもう一度総ざらいし、曖昧だった知識を確固としたものにしながら、応用的な知識、語彙力、読解力も大きく増強していくコースです。それなりに大変ですが1年間で大きく力を伸ばすことができます。
 ES350のカリキュラムでは、英語を理解するのに必要な知識がほぼカバーされるので、たいていの本は辞書を引きながら自分で読めるようになります。
 また、本コースの日本語母語講師パートでは演習問題を解いて、自分で答え合わせをしてから授業に臨むことが要求されます。予習の際に出てきた疑問点は積極的に講師に質問をしてください。充分な準備をして授業に臨めば、1年後には努力に見合った実力が必ずついています!

受講生の声

 私は中2の途中から J PREP に通い始めました。初めは、それまで英語を話す経験がなかったのでネイティブ(英語母語講師)の授業はとても緊張しました。授業を受けてみると、先生は面白く場を盛り上げてくれ、生徒の英語での発言も上手に引き出してくれました。英語でのディスカッションがこんなに楽しいのかと思い、毎週の宿題も、自分で単語帳を作ったりシャドーイングを何回もしたり積極的に取り組むようになれました。
 J PREP は文法テキストも英語のみで書かれたテキストを使用しているので、英語に触れる機会が多いのも利点です。ネイティブ(英語母語講師)の授業で扱う長文のトピックも社会問題などのマイナーな内容も多く、今まで知らなかったことも学べるし、専門的な英単語も自然と身につけていくことができます。
 また、授業ではライティングの書き方を丁寧に教えてくれます。何も対策せずに中2の終わりに英検®2級に合格することができたのは、特にライティングの授業のおかげだと思っています。J PREP に通ってから海外受験も視野に入れようと思い始め、将来の夢の幅が広がりました。

(女子学院中学校3年)