コースの特色

■ EA680では、EA580/570 またはそのレベルに準ずる学習内容が6-7割程度定着している生徒を対象に認定を出します。

■ Term A の段階で難度の高い単元別文法問題に取り組み、文法の漏れを無くします。文法力を完成し、英文解釈と英訳の精度を上げることで、長文読解力・自由英作文力に繋げ、難関私大・国立大の合格点突破を目指します。教材は入試過去問から良問を厳選し、効率よく英語学習を進められるよう適切な分類・配置で各種出題形式やトピックを網羅します。

■ 英文解釈では各テーマに沿って学習していくため、習得目標が明示的で復習がしやすい仕組みとなっています。自由英作文では、意見型のテーマを題材に論理的思考を展開するための練習から、図表等の説明型英作文といった特殊な形式までを幅広く扱い、どのような形式でも対応できるライティング・スキルを養います。また、過去数年間に難関大で出題された膨大な語彙を全て分析・分類しテキストに組み込むことで、語彙力の大幅な増強を図ります。

■ EA680では、あらゆる出題形式・出題内容をカバーしつつ圧倒的な演習量を確保し、難関大学合格を強力にバックアップします。

通常授業

授業時間 週1回3.5時間、年間37回(12月末終了)の授業があります。(振替は届け出制)
講師 日本語母語講師、英語母語講師、TAの3名がチーム・ティーチングで指導します。
授業内容 小テスト、文法・語彙語法・英訳和訳・自由英作文・長文読解・リスニング・ディスカッションの授業
宿題 授業外に週4~5時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。

※受講を希望する場合、レベル認定テストの受験が必要です。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。
※Level 6 は12月末で終了します。ただし、1月・2月に入試直前講習(希望者対象)を実施予定です。
※TAとはティーチング・アシスタントのことで、東大をはじめとする難関大に現役進学した J PREP 卒業生が担当します。

担当講師から

古賀 智久 Tomohisa Koga

早稲田大学卒業後、大学受験中心の予備校で英、国、社を教え、最難関大学合格者を多数輩出。現在は、大学で英語、日本文学、ゼミも担当。

 EA680では、難関大学合格のために必要な英語の学習内容を網羅しています。基本レベルの文法、標準レベルの文法、語源を用いた単語の覚え方から、東大の長文問題や要約問題まで、あらゆる範囲を扱います。長文問題は、単に構文が複雑で難しいというだけで
はなく、知的なテーマ、他科目の学習にもプラスになる題材を選んでいます。実際の入試問題を扱い、背景にある知識も学び、理解を深めていきますので、毎授業知的好奇心が満たされるはずです。
 また、大学で学ぶとはどういうことかをイメージできるような授業展開もしています。指導経験が豊富な英語母語講師、大学受験に精通している日本語母語講師、難関大学在学中の優秀なTAの3名が全力で皆さんの勉強のサポートをしていきます。毎回チェックテストもあるので、自身の強化すべき項目も把握できます。

受講生の声

 私は英語が苦手でしたが中3から J PREP に通い、友達と仲良く学んだり、ネイティブ(英語母語講師)と実際に会話したりすることで英語を好きになりました。高3の受験勉強で疲れていたので、J PREP で友だちと話すことが息抜きとなり、それに加えて英語力を格段に伸ばすことができたので、J PREP に通ってよかったと思います。
 英語の勉強は J PREP の予習をして、授業が終わったら復習し、それらと時間を調節しながら家ではいろいろな大学の過去問も解いていました。勉強において意識していたことは、習ったことをその場で覚えることと、復習に力を入れることです。見たことのない問題はできなくても仕方がないので、次に同様のパターンの問題が出たときに間違えないようにすることが大切です。過去問は、少ない問題量に多くの分野が含まれているので、解いた教科の多くの範囲を短時間で網羅できるのでおすすめです。実際、私も J PREP の教材以外は過去問ばかり解いていました。
 結論:英語は J PREP で大丈夫!

(横浜市立大学医学部医学科 進学)