コースの特色

■ EA690では、EA580/570またはそのレベルに準ずる学習内容が8割以上定着している生徒を対象に認定を出します。

■ 授業では盤石な文法力を基に精緻な和訳英訳力を完成し、速読多読を早期から徹底訓練します。圧倒的な演習量で密度の濃い授業を展開し、あらゆる入試問題に余裕をもって対処しうる英語力を養成します。また、哲学の原書を用いて深いディスカッションを行い、高度な4技能を完成します。

■ 記述式問題では「正確である」ということにとどまらず、ニュアンス豊かに表現できることを目標とし、東大・医学部・早慶上智をはじめとする最難関国立・私立大の英語で「満点」を目指します。英語力の養成に留まらず、身につけた知識を適切な時に発揮できる確かな教養を育成します。文法面では単元別に扱わず、ランダムな配列と多様な出題形式で、文法事項の盲点をスポット的に整理し、アウトプットに向けた英訳・英作文・スピーキングのための文法を志向します。これと並行して、上位層において差がつく周辺的な文構造を含んだ和文英訳問題も徹底演習し、出題意図をくみ取り俯瞰的に解答できる最高峰の英語力を培います。

■ 主に、最難関の国立大学や医学部を一般選抜で受験する生徒を対象とし、他の受験科目の学習到達度が英語と同水準であることを想定したコースです。

通常授業

授業時間 週1回3.5時間、年間37回(12月末終了)の授業があります。(振替は届け出制)
講師 日本語母語講師、英語母語講師、TAの3名がチーム・ティーチングで指導します。
授業内容 小テスト、文法・語彙語法・英訳和訳・自由英作文・長文読解・リスニング・ディスカッションの授業
宿題 授業外に週4~5時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。
開講校舎 渋谷校自由が丘校

※受講を希望する場合、レベル認定テストの受験が必要です。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。
※Level 6 は12月末で終了します。ただし、1月・2月に入試直前講習(希望者対象)を実施予定です。
※TAとはティーチング・アシスタントのことで、東大をはじめとする難関大に現役進学した J PREP 卒業生が担当します。

担当講師から

桂 侑司 Yuji Katsura

早稲田大学国際教養学部卒業
在学中より大手予備校英語講師を歴任し、J PREP では国内大学受験コースのカリキュラム・テキスト作成を担当。

 EA690は東大や医学部をはじめとする国内最難関大学の入試英語において満点を取得することを現実的な目標に掲げるコースです。高校2年終了時点で盤石な文法力が備わっていることを前提に、年度開始時より膨大な量の長文を読み込みます。受講生には和文英訳と自由英作文の課題が毎週課され、日本語母語講師とTA(ティーチング・アシスタント)が綿密に添削した上で授業内返却します。さらに英語母語講師パートでは、リスニング演習やディスカッションなど、習得した知識を4技能として運用するための機会が完備されています。
 無駄を極限まで排して密度を高めた授業の中で、ハイレベルな仲間と切磋琢磨し、語学の王道を駆け抜けましょう。EA690での学びが、将来の研究や仕事において世界に通じる、一生ものの英語力を培う一助となることを願っています。

受講生の声

 入塾当初は J PREP で配布される教材の難易度が高すぎて、授業がほとんど理解できないほどでしたが、自分ができる範囲での宿題の予習・復習を心がけることで以前は全く理解できなかった英語が少しずつ読めるようになっていきました。高校1年生の時に自動詞と他動詞の違いがわからなかった自分でも、第一志望校に合格することができたので、自分は英語が苦手だと思っている人でも言われたことを最低限やる、ということを徹底すれば英語力は必ず伸びます。

(東京大学文科三類 進学)

 EA690は、生徒のレベルが高いコースで、私が見当もつかないことを当たり前のように知っている生徒がたくさんいました。授業についていくために、自分に合ったやり方を模索しながら、より時間をかけて復習しました。クラスは、和気あいあいとしている雰囲気で、質問しやすかったです。J PREP の授業では、英文和訳や長文読解、文法など、受験に必要な能力を満遍なく高めることができました。

(東京医科歯科大学医学部医学科 進学)