コースの特色

英語の基礎力(英検3級程度)を持つ小学生、中学生を対象に指導を行います。
授業は①文法事項を軸に学ぶ総合4技能指導( Integrated Skills with a Focus on Grammar)、②英文読解指導、③ 作文指導、④さまざまなテーマの動画やアクティビティを通して多様な英語知識を身につける学習(CLIL)、以上4つのセクションから構成されています。
①③は日本語母語講師が担当し、④は英語母語(ネイティブ)講師が担当します。
②は両講師が担当し、毎週まとまった分量の英文を読み演習に取り組みます。日本語母語講師との読解指導では、学習する文法項目が実際の英文でどのように使われているかという視点から文法知識を深め、応用力の強化を図ります。英語母語講師の指導では、環境問題をはじめ、世界の建築物、宇宙開発などさまざまなトピックを取り扱い、語彙力や表現力の習得を目指します。
また、自宅学習では読解演習の予習やアプリを使用した文法・語彙練習、音声練習を中心とした宿題を週2時間程度行う必要があります。授業で英検® 対策は行いませんが、修了時に準2級相当の実力に到達することを目標とします。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。(火曜日スタート、振替出席は届け出制)
講師 日本語母語講師と、英語母語講師がチーム・ティーチングで指導します。
授業内容 小テスト、文法演習、CLIL、作文演習、読解演習
宿題 ①文法事項の復習 ②音声課題 ③読解演習 ※授業外に週2時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。
接続コース ES220

※受講を希望する場合、レベル認定テストの受験が必要です。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

担当講師から

中西 理恵 Rie Nakanishi

米・カリフォルニア州のSan Jose State University でジャーナリズムを専攻。卒業後はサンフランシスコの日系新聞社に記者として勤務。帰国後は英語指導に従事している。

ES210は2020年より教材が新しくなります。
新カリキュラムでは、英語母語講師担当パートでも日本語母語講師担当パートでもリーディングの勉強が多く含まれています。多読は語彙力、表現力、文法力の強化につながる最短のインプット方法です。読解のトピックは毎回様々なものを取り扱うため、飽きることはないでしょう。内容の全てを理解できなくても気にせずに、まずは読むことを習慣づけましょう。そして、少しずつリーディングで学んだ内容をディスカッションや文法演習、作文練習で積極的に使ってみてください。
難しいと感じることもあるかもしれませんが、早い段階で読解力を身につけることは後の英語学習に必ず役立ちます。先生方も丁寧にサポートをしてくれますので、焦らず着実に力をつけていくことを目指しましょう。

受講生の声

私は2018 年にJ PREP に入塾し、ES120 から学習を始めました。初めは簡単に感じましたが、次第に学習内容のレベルが上がり、気がつくと一年間で中学校3年分の英文法を身につけることができました。
翌年のES210では毎回2時間、日本人講師による文法解説や語源辞典を使った授業を受講し、特に英作文に毎回真剣に取り組むことで英検® 受験対策をすることができました。授業のもう1時間はネイティブによる単語学習やビデオ学習、ディスカッションが行われます。私の学校には帰国生が学年で40人もいるのですが、J PREP で毎週ネイティブと話しているおかげか、外国暮らしの経験のない私でも、期末試験での学校の英会話で良い成績を取ることができました。
J PREP での学習が学校やその他の試験にも役立ち、結果にも結びついてくれるので、とても感謝しています。
(2019年度 ES210 在籍 / 海城中学校2年)