コースの特色

ES350 終了程度の英語能力を持つ主に中学3 年生、高校1 年生を対象とします。
英語運用能力(英検準1級程度)を完成させるために、よりアウトプットに傾注したコースとなります。特に読解力と作文、そのための語彙力の養成を主目的に指導を行います。日本語母語講師の授業では基礎的な文法力があることを前提に、文法小テスト、英作文課題・和訳課題などの添削を通して英語構文の理解と表現の精度を高め、運用能力の定着を図ります。
英語母語(ネイティブ)講師の授業では、自然科学およびアメリカ研究に関する長文読解を扱います、文脈の中で正確な文意を理解した上で、討論で応用力を養い、自分の考えを理論的に展開する方法を身につけます。また、宿題のライティングや、各タームに3 回提出するアカデミック・ライティングの課題を通じて、毎週授業内でコメントを受け取ることができます。参加者の積極的かつ継続的な取り組みに対して与えられるフィードバックが積み重なり、生徒一人一人の異なる弱点克服が可能となるコースです。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。(火曜日スタート、振替出席は届け出制)
講師 日本語母語講師と、英語母語講師がチーム・ティーチングで指導します。
授業内容 文法演習・解説、小テスト、CLIL、作文演習
宿題 ①文法課題(ES350 準拠) ②音声課題 ③作文演習 ④読解演習 ※授業外に週4時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。
接続コース ES450

※受講を希望する場合、レベル認定テストの受験が必要です。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

担当講師から

Scott Shin

Western Washington University(東アジア研究、日本文学)、東京外国語大学大学院(国際関係学)。

ES360は読解力を養成し、ネイティブ講師による討論やライティングを通じて応用力を高めることを目的とした集中コースで、1時間の日本語母語講師の授業と、2時間のネイティブ講師の授業から構成されています。
日本語母語講師の授業では、主に文法と英訳・和訳課題を通じてより正確な表現をマスターします。ネイティブ講師の授業では、Academic Encountersの教科書に沿って課題を行い、討論やアカデミック・ライティングのスキルを学びます。ライティング課題は毎週の提出が求められ、講師がチェックし、年度の前半には自然科学を、後半はアメリカ研究を題材とします。
私から新たにES360を受講する生徒の皆さんへのアドバイスは、「授業で質問をするのを恐れないで」です。J PREP では、多くのことに興味関心を持ち、質問をすることに価値をおいています。質問をしないということは、新しいことを学ぶ機会を失うということです。

受講生の声

私は小学6年生から通い始めました。最初は文法も単語も分からなかったけれど、毎回の授業の最初の小テストにより単語を自発的に覚える習慣がつき、学期末のテストで好成績を目指すという目標もできました。ただ英語を学ぶだけではなく自分の勉強方法の確立でき、かつ目標を維持し続けることができています。
J PREP では教材が充実しているだけでなく、動画をみて自分で発音したものを提出すると細かい発音やアクセントを添削していただけるのでリスニングやスピーキングの面でも凄く充実しています。また、Leve l2からライティングの指導が始まるので当初は形式も何もわからなかったのが、今では課題が出たら躊躇なく書き進められるようになり英検でも役に立っています。
これからも J PREPで日々努力を積み重ねていきたいと思っています。

(2020年度 ES360 在籍 / 慶應義塾女子高等学校1年)