J PREP代表

斉藤 淳
Jun Saito

J PREP代表、元イェール大学政治学科助教授。
1969年山形県酒田市生まれ。

上智大学外国語学部英語学科卒業(1993年)、イェール大学大学院政治学専攻博士課程修了、Ph.D. 取得(2006年)。ウェズリアン大学客員助教授(2006-07年)、フランクリン&マーシャル大学助教授(2007-08年) を経てイェール大学助教授(2008-12年)、高麗大学客員助教授(2009-11年)を歴任、2012年4月に帰国、英語塾代表として起業。イェール大学助教授時代はセイブルック寮の舎監も務め、3年間にわたって学生と寝食を共に過ごす。これまで各大学で「日本政治」「国際政治学入門」「東アジアの国際関係」などの授業を英語で担当した他、衆議院議員(2002-03年、山形4区)をつとめる。

研究者としての専門分野は日本政治、比較政治経済学。主著『自民党長期政権の政治経済学』により第54回日経・経済図書文化賞(2011年)、第2回政策分析ネットワーク賞本賞(2012年)をそれぞれ受賞。2014年に発売された『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』と『10歳から身につく問い、考え、表現する力』がベストセラーとなる。2017年12月に『世界最高の子ども英語』を刊行。 J PREP では、全体の統括に加え、教材開発、授業、進路指導を担当。

J PREP講師(一部ご紹介)

日本語を母語とする専任講師は全員が、英米の大学もしくは大学院を卒業、修了しています。講師には博士号取得者、TOEFLやTOEICでの満点取得者も珍しくはありません。英語を母語とする講師は、厳しい選抜を経て採用しています。これまで数百通の応募の中から、教育経験豊富で優秀、意欲的な講師を採用してきました。ただ単にネイティブ・スピーカーなのではなく、教養ある本場の英語を正確に運用することのできる講師が指導しています。

立石 かほ里
Kahori Tateishi

筑波大学大学院文芸言語研究科前期博士課程修了(イギリス文学)
Pennsylvania State University, Ph.D. in Comparative Literature
専門分野は20世紀モダニズムの言語観・詩論・思想史。英語文法の知識に加え、社会経済や歴史など様々な背景知識も教授する熟練講師。

講師からのメッセージ外国語を生きるということは別の人格を持つようなものだー初めて母語の外へ飛び出し、英語で思考し、夢を見るという生活が始まったときによく考えていたことです。母語の中では得られない表現の躓きや違和感のひとつひとつ、学習によって世界が広がり、ぴたっとくる言葉を探す瞬間のわくわくを楽しんでくださいね。

桂 侑司
Yuji Katsura

早稲田大学国際教養学部卒業
在学中より大手予備校英語講師を歴任し、現在、J PREP国内大学受験コースのカリキュラム・テキスト作成を担当。東大・京大・早慶・医学部をはじめとする国内最難関大学へ生徒たちを合格に導く敏腕講師。

講師からのメッセージ入試英語の傾向と対策を熟知することで徹底的に無駄を省き、密度を最大限に高めた授業で皆さんを志望校合格へと導きます。文法・構文・論理といった語学の基本に忠実でありながら、入試の先を見据えた実践的運用能力を獲得しましょう。

中西 理恵
Rie Nakanishi

アメリカの大学においてジャーナリズムを専攻。
新聞記者としての経験を活かし、英語指導に励む。

講師からのメッセージ中学生の頃に好きになった洋楽。歌詞の意味を知りたくて繰り返し聞き、書き取りをして辞書で意味を調べて、発音を真似しました。知らないうちにdictationやshadowingを行っていたのだと指導者になって気が付きました。好きこそ物の上手なれ。英書や映画、洋楽など、好きなものを徹底的に突き詰め学び、何よりも楽しむ心を忘れずにいれば、必ず英語は上達します。

中村 倫子
Michiko Nakamura

福岡女学院大学人文学部英語学科卒業
高等学校及び学習塾等において、コミュケーション英語・英語検定・大学受験英語の指導経験を持ち、「真の英語力」ー論理的思考力、意見が発信できる積極性の伸長を目指す

講師からのメッセージ真の英語力は一朝一夕で培われるものではありません。英語によるコミュニケーションを通じて、間違いを恐れず自分の意見を積極的に述べたり、問題演習を通じて、試行錯誤しながら解答を導く力を身に着けていきましょう。英語は暗記科目ではありません。楽しみながら、生きた使える英語を一緒に学んでいきましょう。

阿部 充博
Mitsuhiro Abe

東京工業大学大学院修士課程修了(機械工学専攻)
大学院在学中はBlu-ray 機器に使用されるガラスレンズ成形金型材料の開発に従事、修了後は大手IT企業における証券事業部に配属される。オレゴン州立大学への留学経験あり。

講師からのメッセージ中学生の頃から英語が大の苦手でしたが、音読を中心に大人になってから英語を学び直しました。英語の上達に必要なことは「才能」でなく、日々の「地道な努力」(クイズ、音読練習、演習問題の復習など)です。一生懸命取り組めばJ PREPを卒業する頃には夢にも思わなかったレベルにまで到達することでしょう。夢に向かって英語を思いっきり勉強してみてください。

中村 和義
Kazuyoshi Nakamura

The University of Oklahoma(州立オクラホマ大学)で物理学を専攻。
帰国後英文学部に転部し、英文学を修める。物理学部では「超電導」を専攻。大学卒業後は、都立高校、大手予備校等で30年間以上にわたり高校・大学受験を指導してきたベテラン講師。

講師からのメッセージ英語の上達の方法はただ一つ。「英語を英語のまま理解する」ということ以外に道はありません。まずは「英文法」を正しく学習し、Read, Write & Visualizeを繰り返し、根気よく一文ずつ暗記していくのです。和訳をする必要はありません。カタカナでの発音は止めましょう。発音が悪いと、正しい英語が聞き取れません。あとは多読。私たちJ PREPの講師が皆さんを正しく導いています。

古賀 智久
Tomohisa Koga

早稲田大学文学部哲学科人文専修卒業
予備校や芸能コンサル会社等の経験を経て、現在都内の大学でも英語及び日本文学の教鞭をとる。

講師からのメッセージ英語を通じて得た経営学や心理学に関する考え方は、様々な業種の仕事で非常に役立った経験があります。英語を学ぶことによって、幅広い世界に触れることができます。英語を通じて、皆さんの可能性をさらに広げてほしいと願っています。

芝本 大希
Taiki Shibamoto

University of Arkansas International and Global Studies
早稲田大学大学院教育学研究科修士課程(英語教育)在学中

講師からのメッセージ「我以外みな我が師」という言葉にあるように、英語だけでなく他の勉強、習い事、そして学校での活動に熱心に取り組む皆さんの姿から、私自身も多くのことを学んでいます。英語の知識・技能をつけることはもちろん重要ですが、英語を一緒に学ぶ年齢や学校の違うクラスメート達から様々な良さを吸収できる楽しさを味わってほしいと思っています。