Kudos!

  • McGill University
  • University of Toronto
  • University of Victoria
  • 出身校:学習院女子高等科 | 所属コース:IELTS

私は中3の頃からJ PREPに通うようになりました。その当時英語は得意教科とはいえず、成績も平均的でした。通い始めてから、英語の成績は右肩上がりで着実に英語力が上がって行きました。

海外進学を考えるようになったのは、高2の夏くらいからです。もともと帰国子女でもなく留学経験もなかったのですが、イベントで卒業生の方のお話を聞いたり、ワークショップに参加したりなど海学進学の情報を得る機会が多く、またJ PREPには留学準備のためのクラスもあったため、自分も挑戦したいと思うようになりました。しかし、その当時の英語力はまだまだ大学に直接入学できるレベルではありませんでした。そして学校やJ PREPの授業のみでなく、自主的に勉強する必要があると気づき、一日に2、3時間は英語の勉強に費やすようになりました。

具体的にはLevel3の授業で使っていたGrammar in Useを用い、ーから英文法を復習していきました。英語で文法を学び、テキストに書いてある例文は何度も読んで、目だけでなく、耳や口でも覚えるようにしました。また授業中に扱っていて、分からなかった単語をまとめ、語帳を作りました。その単語帳をもとに、何度も読んだり書いたりして語彙を増やしました。Pod castsもよく利用しBBCやCNNのニュースを通学時等に聞き、リスニングカを上げました。

カナダの大学進学の手続きはとてもシンプルで必要な書類は、3年間の高校の成績と英語のスコアのみです。アメリカやイギリスの大学と違ってエッセイや推薦文も必要ありません。(一部の大学では求められる場合があります) そのため、学校の勉強に真剣に取り組み、良い成績を取ることが合格へのポイントでした。

最初はTOEFLを受験するつもりでしたが、コンピュータベースのTOEFLよりもペーパーベースのIELTSの方が自分に合っていると思うようになりました。また新しくIELTSクラスが開設されたこともあり、高3の4月から、IELTSにシフトすることにしました。クラスに通いながら自宅学習でも対策を行い、約半年で大学直接入学に必要なスコアを取ることができました。

J PREPに通っていなければ、そもそも私の中で海外進学の選択肢はなかったと思います。私の将来の可能性を広げていただき、感謝しています。大学進学後はJ PREPのディスカッション授業で培ってきた“考える力”を糧に世界中からの学生たちと切磋琢磨し勉学に励んでいきます。