コースの特色

■ 国内大学受験を目指す高校2 年生を対象とした、1年目準備コースです。

■ 文法・語彙・和文英訳・英文和訳・英作文(要約含む)・長文読解・リスニング・スピーキングといった幅広い内容を、大量の演習を繰り返すことで総合的な英語力として身につけます。オリジナルテキストを用い、大学受験頻出の内容を厳選して取り扱います。国内大学入試で比重が大きい英文読解力を鍛えるために、 まずは体系的に文法を学んでいきます。単なる四択問題に留まらず、整序・正誤・英訳・和訳といったさまざまな出題形式を通して定着を図ります。同時に、英作文・英文読解で鍵となる重要構文を暗記し、主体的に使えるようにします。

■ 読解教材は、幅広い分野の英文を厳選して精読と速読を繰り返し、年度の後半には原典購読教材を用いて内容を深く読み取る練習を行います。また、読み取った内容を要約する過程を通し、内容整理の力を身につけます。

■ 緻密なカリキュラムのもと4技能を満遍なく鍛え、論理的思考力で的確に内容を読み解き、表現する力を養います。大学合格は当然の目標ですが、将来にわたって活躍できる本物の英語運用能力を育成します。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。(振替出席は届け出制)
講師 日本語母語講師と、英語母語講師がチーム・ティーチングで指導します。
授業内容 小テスト、文法・語彙語法・英訳和訳・自由英作文・長文読解・リスニング・ディスカッションの授業
宿題 授業外に週4~5時間程度の学習が必要です。
期末テスト 各学期最終週に、テストが実施されます。
開講校舎 渋谷校自由が丘校四谷校

※受講を希望する場合、レベル認定テストの受験が必要です。
※Term C において、次年度EA690/680/670への認定テストを実施します。海外大学への留学を希望する場合は、J PREP Scholars認定テストの受験が必要です。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

担当講師から

譽田 大介 Daisuke Honda

早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、慶應義塾大学文学研究科哲学倫理学専攻博士課程満期退学
大学在学中より中高生に英語を教え始めて、今年で25年目。

 英語の勉強は体育と同様に日々の練習(活動)が重要です。EA580 / EA570 では、日本語母語講師と英語母語講師のチーム・ティーチングという形をとりながら、英語を話す、書く、読む、聴くという「活動」をバランスよく経験できるようにカリキュラムが組まれています。そして、「考える」という過程は、「活動」に後から付け加わるのではなく、経験それ自身が「考える」ことそのものなのです。
 授業では、英語で複数の相手との議論が行われます。それに英語母語講師とのやり取りが加わることで、重層的に言葉の経験・活動が膨らんでいきます。つまり「考える」という過程が、3時間の授業の中で、どんどん豊かになっていくのです。このような授業での経験の延長線上に、大学入試での成功もあるはずです。大学入試に向けて、まずはしっかりと英文法を学びながら、同時に実践的に英語の経験値を高めることができるのがこのコースの魅力です。
 プレーヤーはみなさん自身です。私たち講師は、いわばコーチとして、みなさんのポテンシャルを高めるべく、毎回の授業で奮闘しています。ようこそ、J PREP へ!

受講生の声

 私は中学1年生から J PREP に通い始めました。ゼロからのスタートでしたが、J PREP の課題を一つ一つこなしていくと、自然と英語力がつき、試験などの結果もついてくるようになりました。特に、ネイティブ・パート(英語母語講師の授業)では、自分の分かる言葉を駆使して意見を表現する力や、どんな英語も聞き取れるリスニング力が身につけられます。また、エッセイを書く機会がたくさんあり、自分の知っている単語で論理的な文章を自然に書けるようになります。
 私は、コア・カリキュラム、Scholars、国内大学受験コースを経験しました。コア・カリキュラムでは、文法などの英語力の土台を固めながら、海外でも通用するスピーキング、リスニングスキルを身につけられますし、Scholarsコースではどのような専門的な長文にも対応できるようになりました。国内大学受験コースでは、英語力のレベルアップとともに、受験で1点でも多く取るテクニックを身につけることができます。J PREP は自分にあった方法で英語力を向上させることができる塾だと思います。

(白百合学園高等学校2年)

 一言でいうと、“ 英語が好きになる授業 ” が J PREP にはあります。私は中学1年生から5年間、J PREP にお世話になっています。毎週3時間の授業は長いです。予習の量は、いまだに驚かされるくらい多いです。それでも5年間通い続けているのは、予習をこなして毎週授業を受けることで、必ず得られるものがあるからです。必ず成長できるからです。授業は予習を前提に進められるので、弱点を克服するのはもちろん、問題に関連した+αの情報を学習することができます。
 先ほど3時間の授業は長いと書きましたが、数字だけ見れば確かに長いです。でも、いざ J PREP の授業を受けると、3時間はあっという間です。それぐらい授業が充実しています。また、Native(英語母語)講師の授業が必ず組み込まれているのも魅力だと思います。毎週Native(英語母語)講師と会話をすることが、英語をより身近なものとして感じるきっかけとなりました。さらに、毎週 Quiz という小テストがあるのですが、Quiz のおかげで復習が習慣となりました。J PREP で経験してきたこと全てが、英語への自信となり、将来への可能性を広げてくれています。

(日本女子大学附属高等学校2年)