コースの特色

■ MS250では、MS150の学習範囲を修了した高校数学の初学者を対象に、高校数学を最初から学習していきます。

■ 高校数学IAの範囲を中心に、2次関数、数と式、論理など、高校数学の基礎となる範囲の習得を目指します。初学者対象のため予習は必要ありません。授業内で新規内容の講義・演習を行い、復習用の宿題があります。

■ MS250で扱う分野の多くは、MS150での学習内容(中学数学の内容)と関連があります。既習範囲の復習を行いながら新規範囲の学習を行うことで、MS250の学習内容がMS150の学習内容の理解度・定着度を高めることにも繋がります。

■ 翌年度は、進級テストに合格した生徒のみを対象に、MS350に接続します。

通常授業

授業時間 週1回3時間、年間45回の授業があります。
講師 数学講師とTA(ティーチング・アシスタント)が共同で指導にあたります。
授業内容 確認テスト、解説・演習、おかえり問題
宿題 授業範囲の復習
期末テスト 該当範囲の復習問題
開講校舎 渋谷校自由が丘校

※受講を希望する場合、レベル認定テストの受験が必要です。
※年間の授業予定および使用教材は、生徒の習熟度に合わせて変更されることがあります。

学習内容

Term A 2次関数、平面幾何(円の性質)
Term B 数と式、整数
Term C 集合と論理、図形と方程式
Term D 図形と方程式、場合の数・確率、データの分析

担当講師から

藤井 元紀 Motoki Fujii

東京大学理学部数学科卒業
中学1年生から社会人まで幅広い指導経験をもち、J PREP 数学コース全体のカリキュラム・教材作成を行っている。

 MS250、MS350では、MS150で学んだ実数(有理数、無理数)、文字式、方程式・不等式、関数などの考え方を基礎として、扱う対象をどんどん増やしていきます。
 例えば2次方程式を解くときには、因数分解・平方完成・解の公式といった方法がありました。これが3次方程式、4次方程式、…、となっていったとき、考え方はどのように変わってくるのでしょうか?それとも、全く同じように考えられるのでしょうか?(そもそも、2次方程式で便利な解の公式はどのように導かれたものだったか思い浮かべられるでしょうか?)
 このように、既に学んだ内容との関連を意識しながら新しい内容を学んでいくことで、数学の実力を高めていくことができます。内容が難しくて大変、ということもあるかもしれませんが、しっかり頭を使って、一緒に頑張っていきましょう。

受講生の声

 数学コースを受講し始めて2年目となりましたが、学校で習うことからかなり進んだ内容を教わることができて、自信に繋がります。授業で習ったことを宿題で復習し、その後学校で習うことで確実に定着することができると思います。
 授業では、授業内に慣れることができない問題があっても、「おかえり問題」を解くときに最後まで丁寧に解説してくださり、自力で解くことができるようになりました。
 英語の授業と並行して数学コースを受けているため、宿題は計画的に行う必要がありますが、一つ一つ丁寧にこなすことが大切だと感じています。
 J PREP で学ぶ時間を大切にして、内容をしっかりと自分のものにしていきたいです。

(東洋英和女学院中学部2年)